エステの資格

様々なエステサロンでは、宣伝に「資格を持ったエステティシャン」といったフレーズがあります。
では、エステの資格とはどんなものでしょうか。

エステには国家が認める試験がありません。その為、協会が実施している資格のみとなります。
とはいっても、日本エステティック協会と日本エステティック業協会の二つの団体になりますが、試験は合わせて9種類あります。
難易度は様々ですが、有名エステサロンで必ず在籍しているのは「認定トータルエスティックアドバイザー」です。
この資格は難易度が高く、取得までに長い時間が必要とされています。

試験は筆記試験、フェイシャルやボディやワックスなどの、実際にエステサロンで施術される実技試験、面接とケースヒストリーの3つの試験になります。
このすべてを通過したら合格となりますが、すべてを通過するのに1年かかります。
この試験はすべての人が受験できるわけでなく、認定エステティシャンの資格を有し実務経験が3年以上となっております。
また、すべての試験には受験料がかかります。
つまり、誰でもが取得できる資格ではなく、幅広い知識とプロの意識を持った人のみが有する資格なのです。

心身共にデリケートな部分に触れるエステだからこそ、厳しい試験をクリアしたエステティシャンがいるサロンが安心できます。

ソニックエステとは

ソニックエステをご存知でしょうか。
街中では顔半分の左右の違いをアピールするポスターが貼られており、一度は見たという方もいるのではないでしょうか。

ソニックエステとは、その名前のとおり超音波エステマッサージ機によるフェイシャルエステです。
1秒間に100万回という振動が、細胞を活性化させます。
それと同時に、毛穴に詰まった汚れを浮きだし、美白・美肌効果が高まります。
また、超音波によるエステなので、薬品による肌荒れがありません。
敏感肌やアトピーやアレルギーのある方も、安心して施術を受けることができます。
また、メラニン色素を分解し、肌の再生を促すのでシミにも効果的です。

毛穴の汚れが落ち、綺麗な肌の状態になったら、フェイシャルにて肌の調子を整えます。
浸透性が高い状態なので、施術後はもち肌に変わります。
メリットとしては、住宅街にも駅前にも店舗があり、仕事帰りやお買物の合間に施術が可能なところです。
なかなか自分の時間が取れなく、忙しくて肌の手入れを怠りがちな方に、ソニックエステははすすめです。
店舗によっては、ネイルエステも施術しています。
ほっと一息入れられるときには、ソニックエステで心身のバランスをとりましょう。