タイ古式エステとは

タイで有名なエステといえば、タイ古式マッサージではないでしょうか。
タイ古式マッサージは、2500年の歴史を持つ伝統的なエステです。
手法は指圧・生体・矯正・ストレッチと様々なバリエーションがあり、基礎はヨガの体位になります。

タイは中国とインドの中間に位置し、タイ古式エステは仏陀の主治医がタイに導入したと伝えられています。
ボーンナイフや聖水や薬草学と組み合わさり、シャーマニズムと古式総合医学を融合した医術でした。
しかし、のちにマッサージの手技がクローズアップされ、エステのマッサージとして発展してきたのです。

「セン」と呼ばれるエネルギーラインに従い、施術者はリズミカルな圧力を体中にかけます。
そして、手足のつま先から耳まで全身をくまなくほぐし、血行とリンパの流れを良くします。
中にはプロレスのようなアクロバティックなストレッチを行いますが、ゆっくりとした呼吸法とストレッチの元に行われるのでご安心ください。
タイ古式エステのマッサージは、無理に体位を合わせたり押したりすることなく、自然な流れの中で行われるので、ほかのマッサージの中では効果的な部類に入ります。

体中が凝り固まり、なかなか疲れが取れないという方には、効果が期待できます。
長い年月のなかで研ぎ澄まされ、進化した技法をぜひお試しください。

バリ式エステとは

バリ式エステとは、アロマオイルを使用し、リンパトレナージュをメインとしたマッサージです。

発祥は17世紀のインドネシアの王室で、女性の美しさを保つために行われてきました。
オイルを使用し、肌の上を滑らせながらリンパを流し、筋肉の凝りを取り除きます。
血液の巡回を向上させることで、老廃物を外へ排出するデトックス効果が高く、アロマオイルの香りで深いリラクゼーションを感じられます。
そしてアロマオイルの効果により、肌にうるおいが補充され美肌効果もあります。

バリ式エステは自然のエネルギーを感じることが特徴なので、施術はオールハンドで行われます。
また、植物薬に基づいた薬用ハーブを飲んだり体に塗布したりします。
人の手により、自然界のものを使用して行われる施術なので、体に負担がなくリラクゼーションが感じられるのです。

バリ式エステが人気の理由のもう一つは、共通する店内の雰囲気にもあります。
清潔感あふれる明るくきれいなエステサロンも魅力的ですが、インドネシア独特の音楽と自然派の温かみのある内装が特徴です。
自然派の温かみのある雰囲気が、癒しを求める現代人にとてもあっているのです。

バリ式エステは内面と外面か綺麗になれ、癒しによる効果が高いエステです。