リフレクソロジーとは

駅や街中でリフレクソロジーの文字が多く見られます。
では、リフレクソロジーとはどういうエステなのでしょうか。

リフレクソロジーは反射療法と呼ばれ、アメリカで誕生しました。
点と点をとらえる足つぼとは違い、リフレクソロジーは面でとらえることが多いので、足つぼとは別のものとされています。
足全体を刺激することにより、血液やリンパの流れをスムーズにし、自然治癒力を本来の状態にもどします。
その為、療養やエステとして人気を集めました。
「足裏」というと痛いというイメージがありますが、西洋人は痛みはストレスとなりやすいと考え、痛みが苦手な人には好評のエステとなりました。
また、痛みがなく物足りないという人には、東洋式のリフレクソロジーをお勧めします。

日本では多忙なOLやサラリーマンを中心に人気を集め、商店街やスーパーの中に店舗ができ、主婦にまで人気が広がりました。
それにより、気軽に短時間でマッサージが受けられるものから、本格的なエステメニューとしてまで、様々な展開を繰り広げました。

一番有名な英国式と呼ばれるものも、実は日本人がイギリスでリフレクソロジーを学び、日本人向けに改良しました。
格調高いイメージから「英国式リフレクソロジー」と名づけられました。
つまり、英国式リフレクソロジーは、日本人による日本人のためのエステ技術なのです。

ハンドエステとは

足つぼやリフレクソロジーとは、足の裏に反射区がありそこを刺激することで、人間が本来備わっている自然治癒力を回復させることです。
ハンドエステとは、その反射区が手にも存在しており、足つぼやリフレクソロジーと同じように、反射区を刺激して自然治癒力を回復させることを目的としております。

また、手を揉むことにより、血行がよくなりリラクゼーションの効果があります。
刺激に敏感な手先を、温かみのあるエステティシャンのハンドマッサージで施術することにより、癒しの効果が高まるようです。
お店によってはネイルサロンと並行しており、アロマオイルでハンドマッサージするので、肌の保湿や再生できれいな状態にし、最後にネイルカラーでおしゃれな指先に仕上げてくれます。
ファッションの一環として、ハンドエステに通う方も多いそうです。
一日中パソコンで作業している方や、肌が荒れがちな主婦に好評です。

手は多くのものに触れる場所であると同時に、多くの人と触れ合う場所でもあります。
その為、手はいつでもきれいな状態を保ちたいと考える人は多いようで、定期的にハンドエステを受ける人もいます。
また、手元は自分自信でも必ず目に触れます。
ふと見た時に、自分の手がきれいで華やかだと気分も晴れます。

手はハンドエステでベストな状態を保ちたいですね。